未分類

音痴になりやすい人は

投稿日:

音痴には感覚性音痴と運動性音痴が存在し、感覚性音痴は音を聴いても理解することが難しく、正確な音を思い浮かぶことも、具体的に声として出していくことも、発した音が正確なのか否かを見極めることもできません。
これに対し運動性音痴は、音の理解自体は不可能ではないため、聞いた音を正確に認識でき、自分の出した音がズレていないかどうかを評価することは可能です。

とは言え、間違いのない音を具体的に声として出すことができていないのです。
感覚性音痴の多くが生まれながらのものであり、運動性音痴は後天的な要素によるものである場合が多数を占めます。

 

音痴の原因は人によってバラバラですが、音痴に陥りやすい人というのもいると言われています。

音痴になる確率が高い人は、幼少のころからそれほど音楽との接点がなかった人だと伝えられています。
いつも音楽と共に生活するような環境下にあると、気にしなくても耳に音が入り込んできて、音程を間違わずに掴むことができます。

さらに、歌うことにも違和感を感じることがなく、みんなの前で歌うことになっても自然体でいられることが多いでしょう。
幼い頃から様々な種類の音楽を耳にさせ、音やリズムを覚えさせることは、音痴を招かないための条件となるようです。
それ以外にも、集中することができない、物事を面倒臭いと感じる、落ち着きがなくあわてもの、声を上手く調整できずいつも大声で歌う人なんかも音痴を招きやすいと考えられています。

きちんと音を聞かず、自分が決めつけた音で歌ってしまう人も音痴になってしまいやすいので、第三者の意見も取り入れながら歌うようにしましょう。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

ボイストレーニングスクールに入ってみる

音痴が原因で歌をイメージ通りに歌えないという状態は、ストレスの原因になることもあります。 音痴の克服を希望して、ボイストレーニング法を始める人もいます。 ボイストレーニングスクールに通うと、1ヶ月間に …

no image

音痴を割り箸で解消する

知り合いや友達などとカラオケで楽しみたいと感じていても、上手く歌えないというのはストレスになりエンジョイすることができないでしょう。 こういった音痴を改善するために役立つものの一つが、割り箸です。 音 …

no image

リズム音痴を矯正する

音程というと音程が外れてしまって好きなように歌いこなせないもののみならず、リズム感の悪いリズム音痴というものもあります。 この場合はその歌や音楽のリズムからずれてしまうため、音感が狂ってしまうものです …

no image

バケツで音痴を治す方法 ~ 自分で音痴を矯正する

音痴を矯正する方法は、トレーナーのもとでレッスンを受講する形から、家にある割り箸を2本だけ活用していくことで実行できるものまで多種多様です。 自分の音痴を認識していて、治すことを望んでもボイストレーニ …

no image

ハミングで音痴改善のトレーニング

音痴を治すために役立つ方法として、ハミングを使うといったものが存在します。 ハミングとは鼻音唱法といわれ、歌詞ではなく旋律のみを「m~」や「n~」などの音で歌うもののことです。 全面的に同じとは言えま …