音痴になりやすい人は

音痴には感覚性音痴と運動性音痴が存在し、感覚性音痴は音を聴いても理解することが難しく、正確な音を思い浮かぶことも、具体的に声として出していくことも、発した音が正確なのか否かを見極めることもできません。
これに対し運動性音痴は、音の理解自体は不可能ではないため、聞いた音を正確に認識でき、自分の出した音がズレていないかどうかを評価することは可能です。

とは言え、間違いのない音を具体的に声として出すことができていないのです。
感覚性音痴の多くが生まれながらのものであり、運動性音痴は後天的な要素によるものである場合が多数を占めます。

 

音痴の原因は人によってバラバラですが、音痴に陥りやすい人というのもいると言われています。

音痴になる確率が高い人は、幼少のころからそれほど音楽との接点がなかった人だと伝えられています。
いつも音楽と共に生活するような環境下にあると、気にしなくても耳に音が入り込んできて、音程を間違わずに掴むことができます。

さらに、歌うことにも違和感を感じることがなく、みんなの前で歌うことになっても自然体でいられることが多いでしょう。
幼い頃から様々な種類の音楽を耳にさせ、音やリズムを覚えさせることは、音痴を招かないための条件となるようです。
それ以外にも、集中することができない、物事を面倒臭いと感じる、落ち着きがなくあわてもの、声を上手く調整できずいつも大声で歌う人なんかも音痴を招きやすいと考えられています。

きちんと音を聞かず、自分が決めつけた音で歌ってしまう人も音痴になってしまいやすいので、第三者の意見も取り入れながら歌うようにしましょう。

投稿日:

バケツで音痴を治す方法 ~ 自分で音痴を矯正する

音痴を矯正する方法は、トレーナーのもとでレッスンを受講する形から、家にある割り箸を2本だけ活用していくことで実行できるものまで多種多様です。

自分の音痴を認識していて、治すことを望んでもボイストレーニングスクールにまで行く人はあまりいないでしょう。
お金や時間を取られることなく、自宅でこっそり音痴を治してしまいたいと考えている人が多いでしょう。

 

準備しやすいものを使用し、自分ひとりで音痴を矯正する方法に、バケツを活用したものが挙げられます。
バケツを用いて音痴を解消するというのは、うわさ話の類かと受け取れますが、理屈を聞いてみるとこの方法も理にかなったもののようです。
バケツで音痴を治す方法とは、バケツを頭からすっぽりとかぶることから開始します。
バケツをかぶっている姿を想像してしまうと、本当に効果が得られるのかどうか心配になりますが、頭からすっぽりとかぶせるということが大きなポイントになります。
普段、自分の耳に届いている声と、人の耳に届いている声は同じではありません。
自分の出している声は音の振動として、頭蓋骨を通過して鼓膜を振動させて、聴神経にまで達しそれを聞いているのです。
聞き手側に届く自分の声というのは、空気に触れて届いているので声が違って聞こえています。

以上のように空気を振動させて伝わる声を確かめるために、バケツを使うのです。

 

バケツをかぶって発声すると、周囲の人の耳が受け取っている自分の声をキャッチすることが可能です。

他の人が聞いている自分の歌の音程をチェックしながらトレーニングを行うことが可能になるので、音痴を治していくことができます。
バケツを駆使した練習方法は、人に気付かれずに実行することが可能になるので恥ずかしがらずに行うことができます。

投稿日:

音痴を割り箸で解消する

知り合いや友達などとカラオケで楽しみたいと感じていても、上手く歌えないというのはストレスになりエンジョイすることができないでしょう。

こういった音痴を改善するために役立つものの一つが、割り箸です。

音痴を割り箸で解消するというと、正気なのかと疑ってみたくもなりますが、しかしこれが結構効くようです。

 

ボイストレーニングに関して最も有名と言っても過言ではない上野直樹先生が編み出した、前に雑誌やテレビで注目されたこともあるやり方です。

要るものはたった2本の割り箸です。
音痴克服のための割り箸の取扱方法は、口を「い」の形にさせて縦にした割り箸を両方の奥歯で弱く噛みます。

割り箸を縦向きに噛んだまま「あー」と声を発します。

そして続いて割り箸を取り外した形で同じく声を「あー」と発します。
このプロセスを繰り返し行うだけで、音痴克服に結び付いていきます。
割り箸を噛んだり外したりしながら同じ音を出すだけで、なぜ音痴が改善されるのかというと、喉の筋肉を開けて声を出すということをトレーニングすることができるからです。

 

この方法をやってみると、割り箸を噛んだ場合と取り外している場合とでは声が変化することが分かるでしょう。

割り箸を噛んだ状態で声を出すと、喉を締め付けずに声が出せるため、高音まで抵抗なく出すことができるでしょう。
このトレーニングを幾度も行って、喉にある筋肉を開けることが自由自在に可能となれば、上手に発声できないという音痴は治せるでしょう。
費用も要らず、時間も手間も要さず、たった2本の割り箸があるだけでできるトレーニングなので、早速やってみることをお勧めします。

投稿日:

リズム音痴を矯正する

音程というと音程が外れてしまって好きなように歌いこなせないもののみならず、リズム感の悪いリズム音痴というものもあります。

この場合はその歌や音楽のリズムからずれてしまうため、音感が狂ってしまうものです。
音程が微妙にずれている程度の音痴はあまり気にせずに、それほど違和感なく歌いきることが可能です。

ですが、リズム音痴だと歌のリズムからずれているので人の耳には馴染みにくく、音痴だとバレてしまいやすいのです。
歌うのを専門としている人の場合、魅力的に曲とボーカル部分をアレンジすることにより、リズムを意図的に変えて歌うケースもありますが、これはあくまでもわざと行なっていることなので、変な感じに受け取られることはないでしょう。

リズム音痴の人が真似をしようとすると、曲とボーカルの部分が更に噛み合なくなってしまう可能性もあるので避けることをおすすめします。
リズム音痴の人は、リズムを体験する環境にいなかった人がたくさんいるようです。
リズムの狂いを改善させるためには、あらゆるリズムを経験してリズムの感覚を研ぎ澄ましていくことです。

曲を覚えるときにも歌だけを拾って聞いていては、的確にリズムを把握することはできません。
ボーカルの他の伴奏も注意深く聞くことで、リズムを理解することに成功するでしょう。

加えて、曲を聞きながら手や足で拍子を取ったり、曲を十分に聞いて息継ぎのところを把握するということもリズム音痴を治すのに有効です。

手軽なところでは、電子ピアノを使って正しい音感を掴むことも有効です。今なら比較的安いものも出回っていますので、本気で治したいと思う人は、探してみるのもよいですね。

多種多様なリズムに触れて、エンジョイしながらリズム音痴を矯正しましょう。

投稿日:

音痴の原因 ~ 感受性音痴と運動性音痴

主要な音痴の原因は二つに分けることが可能です。
まず最初に聴覚に異常があり、正確な音の聞き取りを行いづらいものとなります。
これを感受性音痴と呼び、音程に乱れが生じていることそのものを知らないので、自分自身が音痴であることに気付いていない場合もあるでしょう。
二つ目は聴覚には問題がないものの、聞き取った音を的確に発することがしづらいもの。
この場合は運動性音痴という名でいわれ、音を正しく受け取っているものの歌うときには音程を外してしまうのです。
運動性音痴は耳には問題が起きておらず、緊張することによって声帯の筋肉を適正に動かすことができなかったり、呼吸に乱れが起こることなどで悩まされるようになります。
いずれも思い通りに歌うことができず、音痴に当てはめられてしまうものですが、原因となるところが一切違っています。
生まれつき聴覚や音を司る大脳に障害を持っている人は多くはないので、音痴と言われる大多数の人は、運動性音痴であるといえるでしょう。
運動性音痴はトレーニングを続けることでほとんど改善されていくものですが、聴覚に異常がある感受性音痴については治りにくいという傾向があるようです。
感受性の音痴を抱えていても、誤りのない音階をきちんと頭に入れるという訓練に励むことで矯正できるケースもあるそうですから、着手する意義はあると言えるでしょう。
それから、音痴の原因は遺伝にもあるという説もありますが、断言できるわけではないのです。
どうしてかというと、音痴は先天性の原因よりも、歌が上手だったり下手だったりするのは後天的なものが影響されるケースがよくあるからです。
小さなころから音楽のある環境に身を置いていたり、歌の得意な親の子守唄を聞かされて成長した子供は歌が得意になりやすいとされています。

投稿日:

ハミングで音痴改善のトレーニング

音痴を治すために役立つ方法として、ハミングを使うといったものが存在します。

ハミングとは鼻音唱法といわれ、歌詞ではなく旋律のみを「m~」や「n~」などの音で歌うもののことです。
全面的に同じとは言えませんが、鼻歌と言えば理解しやすいでしょう。
ハミングは口は開けずに、声が鼻から出るような感覚で旋律を歌います。
発声練習にもハミングが採用されていて、音痴の矯正にも効き目の期待できる方法です。
ハミングすると体の中から響いてくる音(内耳共鳴)をしっかりと感じることができるので、自分がどの音程を発しているのかを意識できるでしょう。

加えて、自分の声がどんな響き方をしているのか確かめることもでき、声の強弱や発し方などの練習にもぴったりです。

 

音痴を治す目的でのハミングを開始するには、手始めに体が緊張していない状態にすることがポイントです。
体に余計な力を入れないことで、自身が発する音を適切に聞き取れるようになります。

体が緊張状態にある場合喉への力も強まり、声帯が閉鎖していくでしょう。
声帯が開かないままだと思い通り発声できなくなり、正しい音を出すことができなくなるので、ハミング法は体の力を抜いた状態で行ないましょう。

 

ハミング法は音痴を矯正する目的でも活用されますが、行う時にも腹筋へと意識を向けてお腹へ力を入れると高い音がスムーズに出てくるようになるので音域を拡張していのにも効果があるでしょう。

ハミングは小さな音でも取り組めます。
そのため、人に迷惑もかけず、恥ずかしい思いをすることもないので時間や場所に関係なく音痴改善のトレーニングができるでしょう。

投稿日:

腹式呼吸の方法を身につけて音痴を改善

音痴を発生させる要因は複数あると言われていますが、正しく呼吸をすることが難しいといったことも音痴に結び付きます。
呼吸の種類には、胸式呼吸と呼ばれる胸を使うものと腹式呼吸と呼ばれるお腹を使うものがあります。
通常やっている呼吸は胸式呼吸だという人が多数ですが、歌う場合には適切ではない呼吸法と言えます。
胸式呼吸で胸部を動かすことで、声帯内筋の緊張を引き起こします。
声帯内筋が緊張すると、息が長く続かず、連続的に息を吐き出すことができなくなります。

息を長く続けられないと声をキープすることができなくなるので、音痴に通じてしまいます。
一方、腹式呼吸ではたっぷりとお腹を膨らませて息をするので喉の緊張を招くことなく、安定して呼吸が可能です。

胸式呼吸をするのに比べ腹式呼吸をするほうが、息の調整が簡単にできます。
息を操ることが可能になると、息を続けることが困難で思ったように歌えない、音程が外れて音痴を生じるというトラブルは減るでしょう。
腹式呼吸の方法を身につけることは簡単で、息を吸うタイミングでお腹を大きく膨らませて、腹筋を用いて息を残さず吐くことです。

このトレーニングを実践することで、腹式呼吸に使う腹筋が強くなり、息が続かないことで起こっていた音痴が解決されていくでしょう。

 

円滑に呼吸ができず歌が思うように歌えないのには、緊張も無関係とは言えないため、あまり構えることがないようにして歌うということも大事になります。
体への緊張を和らげるにも、体中にたくさんの酸素を送り込むことができる腹式呼吸はいい結果をもたらしてくれるでしょう。

投稿日:

ボイストレーニングスクールに入ってみる

音痴が原因で歌をイメージ通りに歌えないという状態は、ストレスの原因になることもあります。
音痴の克服を希望して、ボイストレーニング法を始める人もいます。
ボイストレーニングスクールに通うと、1ヶ月間に2回の練習を行いおよそ10,500円の授業料がかかります。

別途10,500円程度のスクール入学金を支払う必要があるので、予想より多めの費用を準備しなくてはいけなくなるかもしれません。
しかし、自分だけの力で音痴を改善しようとするよりボイストレーナーという第三者による指導を受けるほうが、正しく音痴を治すことができるでしょう。

ボイストレーニングスクールで実践される音痴の治療法というのは、音程やリズムを正しく取れるようにするということです。

ピアノやメトロノームなどの、音痴の治療に効果的な器具がすべて揃っているというところが一番魅力的な点でしょう。

ボイストレーニングスクールにおいても無料体験に対応している施設が多数あるため、第一にどういった場所なのかを遠慮せずに見に行くことをおすすめします。
音痴の悩みは十人十色で、音痴のもととなっているものも多種多様です。
これにより、各人にベストな音痴の克服方法を決めるために、最初にカウンセリングが実施されます。
カラオケにみんなで訪れることが悩みの種だ、しっかりと正確に音痴を改善したいと思っている人は一回、ボイストレーニングスクールに入ってみるのも一案です。

ただ、スクールに行ったら即音痴が改善されるというものではなく、音痴に悩まされている原因にもよりますが、音痴というのは大体半年から1年で良くなってくるそうです。

投稿日:

音痴を治す方法

先天的な大脳の機能不全のことを音痴として扱ったりもしていますが、音程が外れている歌を長く耳にするなど環境要因から発症する音痴も存在します。
音を聞き分ける耳に支障をきたしていて、正しく音を認識することが難しい真性の音痴などは完治が難しいでしょう。

しかし発声がうまくいかず、歌を好きなように歌えない種類の音痴はトレーニングを効果的に続けることできちんと歌えるようになれます。
比較的治りやすいタイプの音痴を仮性音痴として扱ったりします。
音痴を治す方法の中には、ボイストレーナーと一緒にボイストレーニングを行う方法を選択できます。
ですが、この方法はボイストレーナーのもとに通うという手間がかかったり、それなりに支払いが伴いますので現実的な方法とは一概に言い切れません。
どんな人にでも実行しやすい音痴の治療方法として、割り箸やバケツを活用していくものなどが存在します。
これらの方法は身近なものを使って行うので、多くの人が実行しやすいものと言えるでしょう。
また、歌いたいと思っている原曲をきちんと聞くという方法によっても、ずれてしまう音程を治すのに役立ちます。
以上の方法で音痴を改善するには、誤りなく音の聞き分けをする耳の能力が求められるので、聴覚が正常でない人には残念ながら意味がないでしょう。

この他、音痴を治していく方法には呼吸法・ハミング法などもあります。
自分にぴったりな方法を選んで反復練習を行うことで、カラオケなども楽しんで参加できるようになるでしょう。

投稿日: